フィリピン留学実体験レポート3 ダバオの語学学校で英語漬けの日々

フィリピンでの英語留学生活がいよいよ始まりました。
フィリピン着の翌日の日曜日、月曜日からの授業に備えて少しショッピングがしたかったようです。一人での外出はちょっと不安&危険?なので、まだ着いたばかりで友人がいない娘ちゃんは、どうやらピックアップにきてくれたマネージャーさんにショッピングに連れて行ってもらえることに よかったね~
そのときの写真がこちら
DAVAOにはダイソーがあるみたい 100円均一よりも少し高いのかな 日本製はいいらしい
っていうか100均ってmade in CHINAやTAIWANのオンパレードなのに((+_+))
03-01 03-02 03-03 03-04
↑ お昼ごはん フィリピンは味が濃い~!すべてのお料理のお味が濃いらしいです。
03-05 03-06

初めてのショッピング 必需品のタオルとビーチサンダル、それからマーブルチョコみたいなお菓子 物価は日本よりもお安いので貧乏留学生でもなんとか助かってるのかな...
フィリピンは高温多湿で雨が多くて、虫も多いと戦々恐々で渡航した娘ちゃん。
虫ぎらいなので大丈夫かなと心配でしたが、ドミトリーのお部屋は思っていたより清潔で一安心。エアコンもよく効いているので快適だそうです。屋外に一歩でると暑いようですが...
でもでもやっぱり蚊にはいっぱい刺されているそうですよ。
日本からムヒ持っていきました。

ダバオの語学学校のカリキュラムです。
平日:午前中2クラス 午後2クラス + フリークラス(オプション)
土日祝:クラスお休み 祝はもちろん現地の祝日なので、日本と一味違うホリディを楽しめます!

まず、クラス初日にテストがあり、その実力と本人の目的(スピーキングに力をいれたい、まずはリスニング力アップ等)をふまえて、面接をして使うテキストを決めるそうです。そこで興味のない内容だったり、ちょっと意にそぐわない等があればテキスト変更等の調整をしていくそうです。
またクラスが始まってからも調整はできるみたいです。

– 8:00 単語テスト(毎朝クラス開始前に15ワードの単語テスト 週末は総復習テスト)
8:00 -10:00 マンツーマンレッスン (男性チューター)
10:00-12:00 マンツーマンレッスン (男性チューター)
12:00-13:00 お昼休み
13:00-15:00 マンツーマンレッスン (女性チューター)
15:00-17:00 グループレッスン(女性チューター:映画を見るクラス 現在2人)
17:00-18:00 フリーレッスン (オプション 5~6人)
1コマ2時間(そのうち20分休憩、1時間40分の授業だけど話が弾むのでだいたい1時間45分ぐらいの授業で15分休憩になるそうです)
英語づけの毎日でとっても楽しいと。見るもの聞くものすべてが楽しいと
まだ授業始まって1週間ですが、とっても楽しい「everything is fun.」と、またお金ためて留学したいと言ってます。
相部屋のKorean girlもとっても親切、周りのフィリピン人もみんなとっても親切で、楽しい毎日を送っているようです。娘ちゃんに学校は韓国人:日本人=2:1の比率だそうです。
フィリピンは韓国人に人気の留学先のようですね。
留学に来ている人はみんな真面目に勉強したい人ばかりだし、英語のレッスンはチューターによって話すスピードが違うようです。なんとか聞き取れるクラスと早すぎて何話しているかチンプンカンプンなクラスといろいろあるようですが、3日目ぐらいでちょっと慣れてきて、なんとなくわかるようになってきたらしいです。やっぱり耳慣れてくるのかな それから、英語でしか伝える手段がないので最近はまず英語が浮かぶようです。やっぱり環境って大切ですね。
ちなみに宿題は毎日あるみたいです。毎夜がんばってやってるみたい
例えば、映画のクラスでは「ホラー映画のあらすじを書く」宿題が実際にあったようです。楽しそう~
さて次は楽しい初めての週末のお話しを書きますね~(^^♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です