トリリンガル(trilingual)とマルチリンガル(multilingual)

トリリンガル(trilingual)って、ご存知ですか?
バイリンガル(bilingual)に似てますよね!

バイリンガルはよく耳にするとおり2カ国語しゃべれる人! なので、トリリンガルは、3カ国語(^_^)/ ではでは、マルチリンガル(multilingual)は
マルチだから多数言語、つまり、4カ国語以上しゃべれる人の事だそうです。

私の友人の話になるんですが、そんな「〜リンガル」についての話を書きます!!

友人は、育った地域柄のせいか、国際色豊かな人が多いんです。
バイリンガルは結構います。
日英、日中、日韓、日ポルトガル、日フィリピン・・・って感じです。

で、そうだと知らなかったけど実はトリリンガルだったって子もいたそうです。
日中ハーフだとまわりは思っていたんだけど、ご両親がお互いにわかる英語で話しているうちにトリリンガルになっていた、って子。
中学に上がって、「なんであんた英語わかるの?」とびっくりだったそうです。

で、よくよく聞けば、お母さんが香港出身だったので、その習慣に習って英語のミドルネームまで持っていたとか。
広東語+英語とか。 ← すごくお得だなー(#^.^#)とうらやましく思ってしまいます。

そんな中、もっとすごい子がいました。
4カ国語、マルチリンガルです。
お父さんがフランス人、お母さんがタイ人で、お父さんの仕事の関係で日本に暮らして数年。
ご両親はお互いの言葉がわからないので、ご両親間の言葉は英語。
でも、お互いに子供にそれぞれの母国語を教えています。
その上、インターナショナルスクールに通わせる訳でもなく、普通の公立小学校に通っていました。
そのため子供は学校で日本語を覚えてきて両親に教えていました。
遊びに行った時なんか、がんばってつたない日本語で話しかけてくれるんですが、聞き取るのはむずかしいらしくて友人が英語に通訳します。
でも、例えば、お父さんにわからない事があるとダイレクトに友達にフランス語で訊ねるので、また友達はがんばってフランス語まじりの日本語と英語で答えるという…

何カ国語使って家族と話するんや!と友達としては面白がっていたそうですが、ここまでくると本人は大変そうでした。
何か日本語で言いたくても、出てこなくて、気づけば英語だったりフランス語だったり…。
結局、フランス語の方が有利だからってタイ語はあきらめたそうです。

で、大人になって彼女と再会したらしいですが、もう訳の分からないことになっていました。
医者になるためにフランスの大学に行きたかったそうなんですが、結局フランスの医学部は敷居が高すぎてそこまでできる程ではなかったという事がわかり、日本以外の様々な国で医療に従事できる国際免許を取るために、なぜか東欧の国の大学に通うことになったらしいんですよね。

そこではハンガリー語らしくて、結局、日本語、英語、ハンガリー語のトリリンガルで落ち着いたらしいです(笑)
tri

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です