イギリス映画「アバウト・ア・ボーイ」

アバウト・ア・ボーイ [Blu-ray]

今日は2002年のイギリスの映画「アバウト・ア・ボーイ」を見ました。
見終わった後の気分がよく、ホッコリできる映画でした。休日に見るにはもってこい!という感じです。

主演のヒュー・グラントといえばイギリスの二枚目俳優のイメージが強くありますが、この映画の頃にはすでにもう中年に差し掛かっている感じでちょっと期待外れでした。
でも彼のイメージにマッチした憎めない役どころで、やっぱり素敵です。

ヒュー・グラント演じるウィルは、いい年して働いたことも無く、女性との関係も長続きしない少し残念な人生を送る男性として描かれています。
しかし本人は自分の人生に満足していて、それを変える気もありません。
ややいい加減な理由でシングルマザーと交流を持つようになるウィルですが、とある男の子との出会いが彼の生活に変化を及ぼします。

切ない気持ちになるようなシーンはいくつかありますが、心が沈むようなひどく暗いシーンはありません。
全体的に淡々と進んでいく感じで、派手なアクションシーンなんてものはもちろんありません。正直あまり爆笑できるような場面も無いかもしれません。
でもそれぞれの登場人物の心理を読み取っていくと、意外とストーリーが深く絡み合っていることに気付き、どんどん映画が面白くなっていきました。
正直男性が見ると少し退屈に感じそうかもという印象はありますが、女性は見ながら共感したり反感を持ったりといろいろなことを思うのではないでしょうか。

子役のニコラス・ホルトは、ちょっと個性的な顔つきですがとても可愛らしい男の子です。
実は彼は後に「スキンズ」という大ヒットしたイギリスのティーンドラマに出演しており、プレイボーイな高校生役を演じています。
このドラマでは少年の頃の面影を残したまま成長し、美青年になったニコラス・ホルトを見ることができるので、「アバウト・ア・ボーイ」を見て彼を気になった人はぜひこちらもチェックしてみてください!

Skins 2 [DVD] [Import]




Ads by valuecommerce

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です