ひんやり冷感抱き枕をゲットしました。

久しぶりのお休みに買い物に行ってきました。
服を買いに行ったはずなのに見付けたのは店に入ってすぐのところにあったひんやり冷感グッズ売り場(*^_^*)
水色のコーナーでひどく目に付いてフラフラと近寄ったのですが、あぁいうポップは魔物だと思います。
知らず知らずの内にお客の目を惹き付けるような場所取りと置き方に誘われるようなフレーズがあるんですよね。

見るつもりはなくてもフラフラと引き寄せる能力は凄いと思います。
そして、触った感触が気持ちよくてお値段も手頃で腕に抱くと確かにひんやりしていたので、そのつもりはなかったのについつい買ってしまいました。クーラーばかりでは体が冷えてしまうのでひんやりグッズはとても重宝します。
これで今夜は気持ちよく眠れそうな気がします(^_^)/

【日本橋ふとん】 涼感素材  【日本橋ふとん】 涼感素材

そしてやはり服を買いに行ったはずなのに服は一枚も買わずに次に買ったのは水でした。
他で見た時よりずっと安かったので思わず箱買いしてしまいました。
重いですけど、水は毎日飲むもの! 買い置きしておいても損はないと即決でした。
バラで買う事はよくあるのですが、あの値段で売っている事は早々にないので買っておかないと損です(^_-)
飲みたい時に冷蔵庫で冷やすという繰り返しになりますが、水は基本500mlのを買っているので少し無駄があるのかもしれません。ただ、この暑い時に2リットルのペットボトルだと冷蔵庫に入らないので。

我が家の冷蔵庫は一般家庭においての普通サイズなのですが、夏場はスポーツドリンクやいろいろなものがギュウギュウに詰まっていて余計な物が一切入らない状態なのです((+_+))
なので、水とかジュースとかは直前まで外で保存!が当たり前になっていて結局、一回で飲み切れるサイズのものをとなってしまうのです。そうなると500mlは調度いいサイズといえるのかもしれません。
というわけで500mlの水を一箱、24本入りを買ってきました。
これで暫くは持ちます。ひと月は余裕があるので安心しています。
500mlが24本って言葉で書くのは簡単ですが超重かったです。
お店から車に運ぶまでが結構距離があって長かったのですが、この先ひと月分の水だと思えば弱音は吐けません。(←大げさ)
まずは水だけを運んで次の買い物に移りました。

そして漸く服を見に行ったのですが、腕に力が入らなくて結局見るだけ買い物でした。
なので次に向かったのはドラックストアです。
ドラックストアなのに売っているのはシャンプーとかボディソープとかバスクリンとかそういうものがメインな気がします。
シャンプー等のバス用品の次にトイレットペーパーがあって洗濯洗剤や柔軟剤があってといろいろなものが置いてあります。

ドラックストアに来たら生活に必要なものがたくさん売っているなぁと思います。
歯磨き粉も歯ブラシもあるし、生理用品もあれば赤ちゃんのおむつも売っています。
季節的に蚊取り線香もありますしベープマットから蜂撃退スプレーもあって本当に驚きます。そしてお菓子からカップ麺やインスタント麺もありますし一人暮らしの学生などはこういうドラックストアが一軒あるだけで重宝します。
お米はもちろんとして味噌や醤油などの調味料も売っていてスーパーみたいだなと思っていたのですが、今日行ったらトウモロコシの甘々娘という甘い品種まで裸のまま置いてあって何を目指しているのだろうと悩むほどの品揃えに拍手しそうになりました。

勿論、薬も売っているし薬剤師も常時います。
なので症状を聞きながら薬を買いたい時はここにこないと!と思うようになります。
なんでも置いてあって気楽に入れる店というのは必要だなと思いました。

重い荷物を抱えて家に帰ってきて、買ったばかりのひんやり冷感抱き枕を抱きしめてベッドに転がったら本当にひんやりしていました。これなら確かによく眠れるだろうなと思います。
氷を中に入れているわけでもないのに不思議な感じです。こういう素材を考え出した人は偉大だなと思います。
なにはともあれ今日の夜は眠るのが楽しみです(*^_^*)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です