成人式の振袖の艶姿 前撮り完了(*^。^*)

furisode
↑ 写真をクリックしてみてね~

成人式の前撮り完了! トリンドル玲奈モデルだそうです。
振袖姿めっちゃかわいかった(親バカ) 赤色の着物は若いときにしか着られないので赤系のものを薦めました。娘ちゃんの顏によく映えてかわいかったです(超親バカ)
おまけに薦められるままにドレス姿の写真も撮って、なんとカメラマンさん撮影総枚数147枚! これってすごくないですか?
この中からどうやって選べばいいの??? 購入予定枚数は振袖とドレスのショットと家族写真もあわせて10枚ぐらいなのに...

★ここで成人式の振袖レンタルを考えている女の子に耳より情報
レンタルする振袖は成人式から遡って1年前には決めておきます!
早ければ早いほど割引がつきます(←ここ大事)
小学校入学のときに撮影したフォトスタジオからの招待メールに誘われて、振袖展示会に行ってみて、そこで決めました。(←はやっ(^_-))
・第1回の大展示会ならレンタル料金は通常の30%Off(新作は20%Off) これが年を明けると20%Off もっとあとになると展示会10%Off 通常では割引なしと徐々に割引率が少なくなります。レンタル料金30万円の振袖なら10%で3万円違ってきます。大きな違いです。
さらに8月までに成人式の写真の前撮りをした場合は、撮影基本料金無料、通常価格の四切り1枚5,900円(税抜)から10%の割引がつきました。
それ以外の特典として、契約した振袖は5年間レンタル無料(大学卒業時や友人の結婚式にもレンタル無料になるってことらしいです)さらに袴レンタルの割引券もついてました。
レンタル店もあの手この手で、なんとかお客を獲得しようと競争になっているようです。
・振袖レンタルが早ければ早いほど良い理由には、もう1点あります。
お気に入りの振袖が既にレンタル成約済、つまり成人式当日に別の人が着るという悲しい事態が避けられます。店舗には同じ柄の振袖はおいてないようで、娘が契約した時点でも、「もうこの振袖は成約済です」と言われたものもがありました。

娘がレンタル契約したのは、なんと成人式の1年3ヶ月前の2015年9月 早生まれの娘はまだ18歳と7か月 まだまだ本人は成人式のイメージがわかない感じでした。
学年でいうと、大学1回生の夏休みあたりから、振袖レンタルの情報を集めて、時間がとれれば展示会に行ってみたらいいと思います。早いにこしたことはないです!!

娘は9月に振袖レンタルの展示会に行って、早々に決めました。
ただしこのときはまだ新作の2016年モデルが発表される前だったので、同じレンタル会社のものなら、新作と差額で差し替えることができるということでした。
それならますます今契約しておいて、あとで新作でお気に入りの振袖を見つけたら差し替えしてもらおうと思いました。
ここで注意ですが、仮押さえというのではなくて本契約となります。
契約時点では内金10000円でOKです。
ただし解約時の支払額の規定は一度も袖を通さなくてもけっこう厳しかったような...
なので気軽に契約はしないほうがいいと思います。
仮押さえ感覚の契約はできません!!
お店の方から「2016年モデルの展示会のご案内ハガキ差し上げますので、そちらもいらしてください。そこでお気に入りのお振袖が見つかったら、金額上乗せという形で差し替えさせていただきます。」との事でした。

振袖レンタルと購入のどちらにしようか迷っている方のために、レンタルのメリットとデメリットを書いてみます。
【振袖レンタルのメリット】

  • 振袖レンタルには、振袖や和装小物一式全部ついています。(お店によってはセット内容が多少異なるのでしっかり確認が必要!)
    自前で用意しないといけないのは髪飾りだけです。足袋と肌襦袢はプレゼントされ、それ以外のショール、バッグ、草履等はすべてセットになっているので、とっても気楽です。
    髪飾りも前撮りのときに、お店のものを借りて、それが気に入ったら同じものや類似品を購入できます。(こちらも契約時にいただいたクーポンで10%Offでした。)もちろん自分でネットなんかで購入してもOKです。
  • レンタルなのでお手入れの必要がありません。成人式当日、雨でも安心して着ていけます。意図してよごした場合は弁償等もあるようですが、普通にキレイに着ていれば、自前の振袖ほどに気にかけずにすみます。
  • 選ぶタイミングで好きな柄を選べます。もし購入なら高価なものなので、どうしてもオーソドックスな古典柄?等いろいろ親の方も口を挟んでしまいますが、レンタルなので、本人の希望を快く聞いてあげられます。

【振袖レンタルのデメリット】

  • レンタル料として数十万円という結構な金額になりますが、レンタルして着るのは成人式の1日と前撮りの日の合計2日だけ。5年間、その着物のレンタルの予約がはいってなければいつでも借りることができますが、そうそう機会がないかな~

一般的には、レンタルするより購入するほうがお値段は高くなるようです。
お友達のお嬢さんは、京都の街を歩いていて、柄の気に入った振袖をたまたま見つけて購入したそうです。
その振袖は絹ではなくて化繊のものだったそうで、それはそれで洗えるし、卒業式やいろんなイベントに手軽に着られていい!と言ってました。
お値段はいかほどかは知りませんが、なるほどそういう手もありますね。

振袖を着てみんなで写真も撮って、娘も家族もとても幸せな1日でした(#^.^#)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です