階段が登れなくなったわんこ(泣) 椎間板ヘルニア?

うちのかわいい愛犬トイプードル♂のむうちゃんの体に異変が...
11才と2ヶ月で突然階段が登れなくなりました。
前日までは元気にフローリングをかけまわり、階段も自由自在ベッドやソファーにも自由気ままにジャンプで移動していたのに
いつもなら元気にかけあがってくるソファー この頃はソファーの前で右往左往 「ソファーに上りたいなぁ 僕どうしよう」
ダイニングでご飯食べていても、椅子の後ろの隙間にジャンプ 僕もちょうだい なんだか美味しそうなニオイがするなぁ
リビングのテレビの音がうるさかったら、僕は2階で休憩!と勝手に一人で2階へとぽこぽこ上がっていくのに階段の下で右往左往
むうちゃんいったいどうしちゃったの(涙)

同じ頃からそんなに寒くなくてもブルブル震えることが多くなりました。
以前からわりとすぐにブルブル震えるわんこではありましたが、ブルブル小刻みに震える頻度が高くなりました。
とても調子の良さそうな日は、がんばって階段上ったり、ソファーからジャンプすることもあったけど、この頃はそれもまったくなくなって
心なしか少し食欲もおちたような
それでもやっぱりお散歩は好きで一応ご飯食べてウンチもしっかりでてるので、心配しつつも老化かなぁ 大丈夫かなぁ~と

ネットでいろいろ調べてみた感じでは、たぶん椎間板ヘルニアの初期症状かなぁと思います。
しっぽを引っ張った時に一度痛がったのと、お尻のあたりをもちあげようとしたときに一度痛がったから、たぶん腰椎の椎間板ヘルニアかなと
かわいそうなむうちゃん あんなに元気に走り回っていたのに いつまでも子供のわんこみたいに元気いっぱいおうちの中でも遊びまわっていたのに
最近ではめっきり動作がゆっくりになってしまって
しっぽも振るしかわいいお顔でこっちを見つめるけど動作がゆっくりになっちゃったね
お散歩にいっても4本脚を順番に送るトココト走り たまに馬走り(サラブレッドみたいにパカパカと走るやつ←我が家ではこれを「馬走り」と呼びます)もするけど、基本はゆっくり 疲れたり、しんどいときなんかは、お散歩の最後の方にはふらふらしてる感じで

むうちゃんのそんな姿見ると悲しくなっちゃう
いつも元気が取り柄の子だったのに なんとか治してあげたいなぁ

椎間板ヘルニアの治療方法調べてみたので少し書いておきます。

軽症のわんこには「内科的治療」
重症のわんこには「外科的治療(手術)」だそうです。
「内科的治療」は、投薬で痛みを和らげて、安静(ケージレスト)だそうです。
むうちゃんもきっとこれだね お散歩もあんまりいかない方がいいのかな??
少し控えめにしようかな あとの治りが違うのなら
それからマッサージもあるみたい youtubeで発見 ↓ これならできそう 早速やってみよう

わんこが病気になったときどうしてあげるのが一番幸せなのかなぁといつも思います。
獣医さんに診てもらうときの苦痛(うちの子は獣医さんが大嫌いです) その診断が正しいかどうかの判断が不明瞭(わんちゃんは話せないので)
高齢になると手術や麻酔自体が危険だし、痛い思いだけさせて症状がよくならないのなら自然のままのほうがいいのかな等
人間にも言えることですが
できるだけ寄り添ってあげて、いっぱい体撫でてあげて、マッサージもかねて、美味しいごはんあげてもう少し様子みてみようと思います。

わんこの苦痛が伴わない、良い治療法があったらどなたかぜひ教えてください(*^_^*) よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です