パワースポット 貴船神社

京都のパワースポット貴船神社に行ってきました。
10年ぶり?に会った学生時代の友人オススメの場所で、車でいきなり奥宮駐車場まで行ってしまいました。ドアをあけて車から降りた瞬間、なんだか神聖な空気感
少し体が身震いするような澄んだ空気を感じ、あ~やっぱりここはパワースポットなんだなぁ~って身がひきしまる思いがしました。
縁結びと水にまつわるパワースポットとのこと。

奥宮から本宮まで貴船川沿いを歩くと(本来の参拝順序とは逆)
清流やところどころにある小さい滝の水音が心地よく聞こえてきて
その音を聞いてるだけでも心穏やかになってとても清々しい気持ちになれます。

貴船いいところですね 森林浴効果もあるのかな
久しぶりに命の洗濯ができた気分です。

恋愛成就の願い事がかかれた絵馬がたくさん掛けられていましたが、
中には切実な願い(不倫で家を出たお父さんに早くおうちに帰ってきて等)もあって少し胸が痛みました。
奥宮に杉と楓の2本の木がくっついた連理の杉という不思議な木が生えています。
異種の木がくっつくのはとても珍しく初めて見ました。
他にはない不思議なパワーを感じる場所でした。

S__40591363 S__40591364

余談ですが、
連理の杉を見ると、比翼連理(ひよくれんり)という言葉を思い浮かべてしまいます。
「比翼」とは、「比翼の鳥」の略で、比翼の鳥は想像上の生き物。
雄と雌がそれぞれ目と翼が一つずつあり、常に一体になって飛ぶという。
←頭が2つで体がくっついているので常に一緒、離れては生きていけない!
「連理」とは、連理の枝のことで、根元が別々の二本の木で、枝や幹が途中でくっつき木理が連なったもののこと。
この「比翼」と「連理」を組み合わせ、男女の深い契りをたとえている。← http://kotowaza-allguide.com/hi/hiyokurenri.html

昔はまった携帯小説の『キミノ名ヲ』 タイムスリップ歴史小説で、登場人物のほとんどが実在した人物で、太平記の流れに沿ってストーリーが進んでいきます。とてもロマンチックな恋愛小説で大好きでした。『雛鶴伝説』とも関係があるみたいですね。こちらも読んでみたいかな
携帯小説はほとんどが10代向け?かなとは思いますが、たまにおばちゃんでも読める良いものもある??
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1154794341
女お笑い芸人も絶賛モリンガ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です