大好きな美瑛の景色 あの哲学の木が切られちゃった(T_T)

大好きだった美瑛の景色がなくなったという衝撃的なニュースを見たのが一昨日
北海道美瑛といえばあの素敵な景色 広くてなだらかな畑の奥に1本だけ立ってるポプラの木 哲学の木というらしい
大好きな写真家前田真三の写真にも美瑛の春夏秋冬の素敵な景色がたくさんあったのに
あの景色がもう見られないなんて ショックすぎてちょっと立ち直れない(;▽;)
そういえば前田真三のカレンダーずっと使ってたなぁ~
1年中、北海道の富良野や美瑛の景色に癒されたくて...実際に見たあの日の景色を思い出したくて...
もちろん美瑛にある前田真三のギャラリー拓真館にも行きました。
どれもずいぶん前の話です。懐かしいなぁ~♪゜・*:.。. .。.:*・♪
biei

ポプラの木を切った理由がまた悲しすぎる!
この畑は美瑛町の持ち物じゃなくて、私有地だったらしくて、持ち主さんが、観光客らに畑を荒らされる被害が後を絶たないことで、切り倒す決断をしたようです。
もちろんこのポプラの木が老木となって枝が落ちたり倒れたりする危険があったのも確かですが...
無断で畑に入られると、作物がつぶされたり土が踏み固められて作物が育たなくなったりするほか、靴を介して病害虫が持ち込まれる恐れもあると。
所有者は立ち入り禁止の看板などで注意を促し、数年前からは木の幹に×印をつけて撮影禁止にした。
町も観光スポットのリストから外し、観光アドバイザーに巡回してもらうようにしたが、注意をしても無視するなどの行為が少なくなかったという。

テレビのニュースでは主に外国人観光客(特に中国・韓国)が、ポプラの木の根元まで入り込んで楽しそうに記念撮影してました。
私有地の畑を踏みあらしてまで記念撮影しなくてもいいのに
「私有地につき立ち入り禁止!」の立札が英語やいろいろな言葉で書かれていたのに~
心無いマナーの悪い観光客(文化の違いのせいかもしれませんが、被害を被っているのは確かなので)のせいで、こんなに素敵な景色が消えてしまったのば残念で悲しくて悲しくてしかたないです。
こういうことをする観光客の方々には「郷に入れば郷に従え!!」という考えを是非持ってほしいな(´・ω・`)
 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください