グレーテルのかまどが帰ってきます!

NHKのEテレで放送されている「グレーテルのかまど」(毎週月曜 午後10時 再放送 毎週水曜 午前10時25分)という番組をご存知でしょうか?
スイーツにまつわる数々の物語をたどり、瀬戸康史扮するヘンゼルが素敵なスイーツを手作りする番組です。
放送当初からのファンで、毎週楽しみにしていました。
ハマってしまって何度も作ったスイーツも数多くあります。
中でも2011年の11月19日に放送された「池波正太郎のホットケーキ」は数え切れないくらい焼きました。
池波先生の大ファンである自分は先生のエッセイの中に出てくる丸忽のホットケーキを一度は食べてみたいと思っていたものです。
残念なことにお店は閉店しているそうなので食べることはできません。
それを自宅で作れるなんてことがあるのか!と半信半疑だったのですが、作ってみるとそれほど難しいこともなく、美味しいホットーケーキを焼くことができました。

今はフルーツや生クリームがのったおしゃれなパンケーキが流行っているようですが、バターとはちみつがのったシンプルなホットケーキは昭和感たっぷりで母親が焼いてくれたものを思い出しました。

ほかには「パディントンのマーマレード」もよく作っています。
オレンジではなくゆずを使うのが特長で、ほんのりと苦味が残る大人のジャムに仕上がります。
パンにはさんだり、スコーンにのせるなど王道な食べ方のほか、シフォンケーキに混ぜ込んで焼いたりします。

美味しいゆずシフォンがで出来上がります。ゆずの季節だけの贅沢なスイーツです。

ヴィクトリアサンドイッチケーキも何度も焼きましたよ。
いちごの時期にジャムを作ってサンドします。
イギリスのアフタヌーンティーに出てきそうなシンプルで素朴なケーキは飽きのこない美味しさなんです。
自分が作ったレシピは放送開始から1年前後に集中しています。
番組を観なくなったわけではありません、
回を重ねるうちに、スイーツを作るヘンデルこと瀬戸康史の腕前が上がってきて、高度な技術を必要としたり、時間を掛けて作ったり、特殊な材料が必要なというスイーツ作りの初心者の私には真似のできない代物を作るようになったのです。

当初はホットケーキも焦がしたり、材料を分離させてしまったりと、初心者がやらかしそうな失敗を数多くしていた瀬戸がもともと器用なんでしょう、ものすごいものを作るようになりました。
そのため、こちらがついていけなくなってしまったのです(泣)

ただ、緑子さんとのトークや物語の面白さに惹かれて、作れなくても観るだけで楽しめていたのです。
こんなお菓子があるんだなとと驚くこともありました。
ところが、瀬戸が忙しいのか、NHK側の都合なのか、ここ1、2年はリピート放送で新しいレシピを放送することはほぼなくなってしまいました。
瀬戸がドラマに出ていると(朝ドラ「あさが来た」で成澤先生を好演中)「早く、お菓子作れよ~」とツッコミを入れ続けていました。

それが聞こえたのか、なんとグレーテルのかまどは、4月4日から新シーズンがスタートすることが発表されました!

初回は夏目漱石のいちごジャム “吾輩は猫である”のいちごジャム だそうです。
「果実をまるごと味わっているかのような、フレッシュいちごジャムと、スコーンにぴったりのクラシックないちごジャム。食感の違う、2種類のジャムの甘い誘惑をお楽しみに!」だそうです。楽しみですね~ほんとに

これから地物のいちごが店頭に並ぶ時期。参考にさせていただきたいと思っています。
数ヶ月で終わらずに末永く番組が続いてほしいと願っています。
余談ですが、レシピ以外にインテリアもとっても素敵です。
一見洋風で、おとぎ話みたいな舞台、実は日本家屋をベースにしているそうです。
こんな素敵な空間で手作りスイーツをゆったり味わってみたいですね(*^_^*)

strawberry-jam

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です